Digital Guardianの導入方法について オンプレミス型導入

データ漏洩防止活動とそのオーナーシップをお客様ご自身で管理する導入方法です。

課題

世界クラスのデータ保護環境を構築するには、適切な人材と適切なインフラストラクチャが必要です。 また、ビジネス クリティカルなデータを保護するための知見や洞察力も必要となります。 お客様が情報セキュリティをビジネスの戦略的要素として推し進めるとしても、また、コンプライアンス要件に従って重要データを社内で保持していたとしても、CIO または CISO はこれらのデータ資産を効果的に利用することが極めて重要です。

ソリューション

Digital Guardian は、お客様のビジネスの保護に必要なデータ セキュリティを提供し、セキュリティ データを制御しながら、投資を最大限に活かします。 Digital Guardianのデータ保護 プラットフォームが提供する可視性により、情報セキュリティ担当者は、データ環境全体を詳細に把握し、あらゆる脅威を確認できます。 この可視性が分析と洞察を促進し、リアルタイム アラームから長期的なトレンドまで、さまざまな手段でビジネスのあらゆるレベルの関係者に情報を提供します。 柔軟な管理が可能なため、脅威への対応は、段階的に、あるいは迅速に、また自動的に行うこともできます。 データ保護活動を効率的に推進していくために、Digital Guardianのインフラストラクチャを最大限に利用しましょう。

効果

データレジデンシー(存在場所)コンプライアンス

ビジネス環境では、セキュリティ データなど、データの場所はご自身で管理する必要があります。 Digital Guardian のオンプレミス導入により、これらをすべて把握しておくことが可能となります。 データは必要な場所に保管され、データ レジデンシー コンプライアンスに対応します。

セキュリティ人材、ソリューションへの投資を活用

データ セキュリティはビジネスのコア コンピテンシーです。だからこそ、お客様におかれも、セキュリティ人材、テクノロジー、そして当該ビジネスプロセスに投資してきたのでしょう。 Digital Guardian の脅威認識型データ保護は、お客様の環境内部に導入され、広範な企業環境を 1 つのコンソールで保護します。

適切なサポートを必要なタイミングで

Digital Guardian のデータ セキュリティ エキスパート チームは、必要なときにお客様のデータ保護戦略、初期セットアップと導入、ビジネス拡大に応じた調整、セキュリティ事象への対応などをお手伝いします。 導入工程を管理するのはお客様ご自身ですが、Digital Guardian はいつでも、必要なガイダンスを必要なタイミングで提供し、投資を確実かつ最大限に利用できるようお手伝いします。

デモのご案内

より具体的な製品情報が必要ではないでしょうか? そこでまずはデモをご覧いただけますでしょうか。 お気軽にお問い合わせください。

多くのセキュリティ ツールと連携可能です