コンプライアンス

Digital Guardian のコンプライアンスソリューションは、コスト効率に優れたデータ検出、データ分類、情報漏洩防止を提供し、GDPR、HIPAA、PCI 等のコンプライアンスへの準拠や、データ プライバシーを確保できるよう支援します。

課題

コンプライアンス準拠への要件がますます膨らみ多様化する中、それらの要件に準拠し、さらに費用対効果をもたらすことは簡単ではありません。HIPAA (PHI)、GDPR (EU 市民の個人情報データ)、PCI (クレジットカード会員データ)、NERC-CIP (運用データおよびシステム データ) 等、いかなるコンプライアンス要件においてもデータの保護が重視視されています。

こうしたデータを企業全体の中から見つけ、正確に分類して適切に管理されていることを確認するためには何が必要でしょうか?

ソリューション

Digital Guardian のコンプライアンスソリューションは暗号化された SSL セッションを含むあらゆる通信チャネル上で、個人情報 (PII) や個人の医療情報 (PHI) など規制の対象となるデータの盗難・漏洩を防ぐことができます。導入と管理が簡単なDLP (Data Loss Prevention)ソリューションでありながら、医療、金融サービス、政府機関、小売業など、業界の規制対象データを強固に保護します。

メリット

あらゆる場所の規制対象データを保護

規制対象データがネットワーク上にあろうと、ワークステーションやファイル共有、またはクラウドに保存されていようと、検出、監視、管理できます。Digital Guardian Cloud Data Protection は、お客様がクラウド ストレージを活用しながら、プライバシーやデータ セキュリティ規制に準拠するために必要なデータの可視化と管理環境を提供します。

最高レベルの精度により誤検出をできる限り低減

Digital Guardian が誇る「フィンガープリント」によるデータベース検索テクノロジーは、業界で最も正確な個人情報特定および制御ソリューションであり、導入すれば誤検出がこれまでになく低減します。個人情報の保護に絞ることで、銀行や病院向けに、市場で提供されている DLP ソリューションの中でも最も低い誤検出率を実現しています。

アプライアンスが 1 台なので導入と管理がシンプル

Digital Guardian のコンプライアンスソリューションはコンテンツ調査、ポリシー作成、管理の機能を 1 台のアプライアンスに統合しています。そのため、精度や効果を損なうことなく、シンプルな導入と管理を実現できます。管理専門のリソースが必要ないため、TCO(購入、所有、運用に関するトータルコスト)が最も低いと評価されています。これらのアプライアンスはハードウェア、仮想マシン、またはクラウド (Azure および Hyper-V) として提供されています。

デモのご案内

より具体的な製品情報が必要ではないでしょうか? そこでまずはデモをご覧いただけますでしょうか。 お気軽にお問い合わせください。