ソリューション

業界業種を問わず、幅広い利用シーンで機密データを保護します。

アプリケーション管理

ユーザを制限せずに、疑わしいリスクのあるアプリケーションを管理します

Digital Guardianのブラック、グレーおよびホワイトリスト作成機能により、ユーザは、どのアプリケーションが信頼でき、どのアプリケーションを停止すべきかを即座に確認できます。その結果、悪意のある、未許可、または不正なソフトウェアおよびネットワークアクセスによるリスクを排除できます。

 

データ分類

散在するデータの分類作業から開放します

機密データが保護されたアプリケーションや社内ネットワークを離れた途端、Digital Guardianが対応して自動的にこれを識別、分類、追跡します。時間のかかるデータ検出・分類作業の完了を待つ必要はありません。Digital Guardianは、即座にデータを保護します。

 

機器の管理と暗号化

従業員の生産性を向上させ、機器を管理します

Digital Guardianは、データの搾取、リムーバブルメディアまたは外部デバイスからのマルウェアの導入を防ぎます。外部デバイスが適切に使用され、社員が会社を離れた後でも、データが自動的に暗号化され、保護されます。

 

電子メールの管理と暗号化

機密データを保護しながら従業員に通常業務の権限を与えます

弊社のソリューションは、電子メールまたは添付ファイルの機密データをタグ付けおよび分類します。これらの機密データが電子メールから送信された場合、自動的に警告を発し、メッセージの内容またはコンテキストに基づき(ユーザ、データクラス、および受信者など)、機密データをブロック、または暗号化します。

 

Linux、Mac、およびWindowsのエンドポイントのデータ保護

Linux、Mac、およびWindowsマシン上の機密データを保護します

Digital Guardianは、Windows、Mac、およびLinuxと互換性のある唯一のエンドポイントエージェントです。企業ネットワークの内外にかかわらず、企業全体のデータの見える化およびコントロールを実現します。

 

マルウェアからの保護

マルウェアを検出し、封じ込めます。データの搾取を防ぎます。

Digital Guardianは、シグネチャがなくてもマルウェアの活動をダイナミックに認識します。自動モニタリングとポリシーに基づくコントロールによるリアルタイムの検出と封じ込めにより、貴社の機密データを保護します。また、貴社のデータが危険にさらされる前に、即座に異常を検知し、脅威を正確に把握することができます。

 

セキュアなネットワークの認識

安全でないネットワークからデータを保護します

Digital Guardianは、自動的に機密データにタグ付けし、機密データが社内ネットワークから出ないようします。安全なVPN接続が確立されるまで、ユーザに指示し、アクセスをブロックすることにより、機密データの安全性が確保されます。

 

特権ユーザのコントロール

特権ユーザの安全性を確保します

Digital Guardianは、特権ユーザの活動に完全な可視化を提供し、データ保護ポリシーを満たすよう、自動的にコンテキストを認識したコントロールを提供します。その結果、特権ユーザは、必要なツールや情報にアクセスできますが、機密データは安全に保護されます。

 

ウェブアプリとクラウドストレージの制御

ウェブアプリケーションとクラウド(オンライン)ストレージの安全な利用を促します。

Digital Guardianは、完全なデータの可視化とウェブアプリケーション間を移動するファイルのポリシーに基づいたコントロールを提供します。これにより、許可されたデータのみが貴社ネットワークを離れ、感染したファイルはダウンロードされないように保護します。ウェブアプリケーションからダウンロードされたデータは、適切なレベルのセキュリティコントロールの下で、自動的に分類されます。