Microsoft Office 365 のセキュリティ

Digital GuardianのDLP は Microsoft の基本的なセキュリティ機能を拡張し、お客様が Office 365、SharePoint Online、OneDrive にある重要データを強力に保護します。

課題

Office 365 を導入する場合、その安全性を確実にする必要があるため、

Office 365 にはベーシックなDLP を含め、多くのセキュリティ機能が組み込まれています。しかし多くのケースで、より高度なDLP やダッシュボード、分析およびレポートが必要となり、対策が必要です。

ソリューション

Office 365、SharePoint、OneDrive for Business 向けの高度な DLP

Microsoftの組み込セキュリティでは不十分な箇所対象とした分析、保護を提供し、全社的にデータ状況の可視化を行います。例えばMicrosoftでは、Office 365、SharePoint、OneDrive の制御はクラウドのみに焦点を絞っていますが、Digital Guardian はその範囲を拡張してオンプレミス データもカバーし、重要データがそもそもクラウドに入らないように防ぐことができます。

Digital Guardian が提供する全社的な可視性に基づき、エンドポイントからクラウドにいたる全データ プロファイルを表示することができます。また、コンプライアンスを遵守するための情報を提供し健全なビジネスと文書管理を支援します。さらに、ログ記録から重要データのアップロードの自動ブロックまで、アクションを柔軟に制御できます。

メリット

Office 365 の包括的なセキュリティを提供

Microsoft はベーシックなセキュリティを組み込んでいますが多くのケースでそれ以上の高度なセキュリティが必要です。Digital Guardian は包括的なデータ漏洩防止機能とともに、きめ細かい分類機能、Microsoft 以外のドキュメントの保護、エンタープライズ クラスの分析とレポート機能を追加します。

Office 365 データを保存場所に依存せず保護

クラウドはビジネスに欠かせない存在になっていますが、データは引き続きオンプレミスにも保存されています。Digital Guardian はデータがどこにあろうと、重要データを保護します。

ポリシー管理を一元化

メール、クラウド ストレージ、オンラインとネイティブの Office ドキュメントなど、Office 365 に含まれるさまざまな製品すべてをカバーする単一のデータ保護ポリシーを作ることができるため、情報セキュリティ担当者の作業が削減しながらもポリシーを一貫して適用できます。

デモのご案内

より具体的な製品情報が必要ではないでしょうか? そこでまずはデモをご覧いただけますでしょうか。 お気軽にお問い合わせください。