Digital Guardian Network DLP

コンプライアンス対象となる重要データを保護

デモをリクエストする

その仕組みとは?

シンプルな構成を持つNetwork DLP。Digital Guardian Network DLP は、メールやWeb 経由等のネットワークを通過する機密データを監視、および制御することで、コンプライアンス対応とデータ漏洩リスクの低減を実現します。 アプライアンス型製品のため、通常、導入は数時間程度で済み、導入後は、専任担当者が常時待機する必要はありません。

Digital GuardianのNetwork DLP アプライアンスは、ネットワークを通過するデータをスキャンした上で、必要なポリシーを適用していきます。 ポリシー適用時のアクションには、許可、プロンプトによる通知、ブロック、暗号化、転送、隔離などがあります。

主な利点

  • すべてのネットワークトラフィックの監視および制御
  • 状況に応じた柔軟な対応
  • コンプライアンスへの取り組みを安全に促進

すべてのネットワークトラフィックの監視および制御
Digital Guardian Network DLP では、あらゆるコミュニケーションチャネル(例:メール、Web、ファイル転送プロトコル、SSL、Web メール、ブログ、その他のソーシャル メディアなどのアプリケーション等)を監視およびコントロールすることで、データの安全性を確保します。

状況に応じた柔軟な対応
お客様環境やカルチャーに応じたアクションを容易に設定可能です。 ポリシーベースのアクションには、許可、プロンプトによる通知、ブロック、暗号化、転送、隔離などがあります。 また、リスク行動が検知されたときにはユーザーに通知され、必要な対応が自動的に実行されます。

コンプライアンス対応への取り組みを安全に促進
わずか数時間程度の導入作業で、 Digital Guardian Network DLPによるデータ保護を利用できます。 PII、PHI、および PCI 向けポリシー独自のポリシーを柔軟に作成できます。これにより、組織にとって最も重要な資産を確実に保護し、コンプライアンス対応の要件と組織のニーズに応えることが可能です。 レポートには、機密データ(規制対象のデータを含む)の動きが細かく示されており、監査において非常に有効です。

Digital Guardian が選ばれる理由

シンプルな設定と管理
Digital Guardianのアプライアンスベースのアプローチにより導入がさらにスピーディーになるほか、継続的な保守作業量も低減されます。 PII、PHI、PCI などの規制対象となるデータを保護するポリシーが初期状態より備わっており、必要最小限の設定で貴社のネットワークに組み込むことができます。 通常はわずか数時間程度で導入可能です。 導入後は、専任担当者が常時待機する必要はありません。

検知精度の極大化=過検知の極少化
Digital Guardian のデータベースレコード検索機能(DBRM)により、過検知および検知漏れが低減します。 DBRM では、構造化データ (例:データベースのフィールド、スプレッドシートの列) と非構造化データ (例:Microsoft Office、ソース コード、PDF ファイルなどのドキュメント形式) の両方が登録可能で、データ検出プロセス中の過検知および検知漏れが大幅に低減します。

アプライアンスオプション
Digital GuardianのNetwork DLPアプライアンスは物理マシン、仮想マシン、またはイメージとして Microsoft Azure などのクラウドサービスに導入でき、既存インフラの活用しながら利用できます。

柔軟な導入方法
お客様自身がオンプレミス環境に導入する以外にも、Digital Guardianがお客様に代わり導入、運用、管理することも可能です。 Managed Security Program を利用すれば、運用管理とログの分析を、Digital Guardian のエキスパートに任せることができます。 Digital Guardianの積み重ねたノウハウを活用し、

リスクの高いイベントの発生有無をお客様に代わってDigital Guardianが常にチェックし、詳細なレポートを提供します。

デモのご案内

より具体的な製品情報が必要ではないでしょうか? そこでまずはデモをご覧いただけますでしょうか。 お気軽にお問い合わせください。

多くのセキュリティ ツールと連携可能です